WebView2コントロールの基本的な操作

ここではWebView2コントロールの基本的な操作方法について解説します。

操作を行うための前準備については以下を参考にしてください。

Webページの表示

URLを指定してWebページを表示するには、navigateメソッドを使用します。

ただし、navigateメソッドはページの読み込み完了を待ちませんので、 後述する読み込み完了待ちの処理をいれないと、読み込み途中のまま次の処理が行われてしまいます。

実装方法

指定したURLをWebView2コントロールで表示します。
WebView2.CoreWebView2.Navigate("WebページのURL")

サンプル

						WebView2.CoreWebView2.Navigate("https://web.biz-prog.net/") '開きたいURL
					
						webView2.CoreWebView2.Navigate("https://web.biz-prog.net/"); //開きたいURL
					

読み込み待ち

navigateメソッドでWebページを表示したり、リンクのクリックを行ったり、Submitを行った場合などは、ページの読み込み・表示が終わるまでの待機する処理が必要です。
以下の処理によりページの表示が終わるまで待機できます。

実装方法

こちらを参考にしてください。


戻る/進む/ホームページ/検索

閲覧履歴の「戻る」「進む」を行ったり、現在のユーザーのホームページや検索ページに移動します。
これら操作でもページの読み込みが発生しますので、メソッド実行後に、読み込み完了を待つ処理が必要です。(上記参照)

実装方法

サンプル

						'戻る
						If WebView2.CanGoBack Then
							WebView2.GoBack()
						End If
				
						'進む
						If WebView2.CanGoForward Then
							WebView2.GoForward()
						End If
					
						//戻る
						if (webView2.CanGoBack)
						{
							webView2.GoBack();
						}
			
						//進む
						if (webView2.CanGoForward)
						{
							webView2.GoForward();
						}
					

中止/リロード

読み込みを中止したり、サイトのリロード(再読み込み)が行えます。
リロードを行った場合はサイトの読み込みが発生しますので、メソッド実行後には読み込み完了を待つ処理が必要です。

実装方法

サンプル

						'読み込み中止。どちらかを使います。
						WebView2.Stop()
						WebView2.CoreWebView2.Stop()

						'再読み込み。どちらかを使います。
						WebView2.Reload()
						WebView2.CoreWebView2.Reload()
					
						//読み込み中止。どちらかを使います。
						webView2.Stop();
						webView2.CoreWebView2.Stop();

						//再読み込み。どちらかを使います。
						webView2.Reload();
						webView2.CoreWebView2.Reload();
					

タイトル/URLの取得

現在表示しているサイトのタイトルとURLを取得します。

実装方法

サンプル

						MsgBox(WebView2.CoreWebView2.DocumentTitle)   	'タイトルを表示する
						MsgBox(WebView2.CoreWebView2.Source)  			'URLを表示する
					
						MessageBox.Show(webView2.CoreWebView2.DocumentTitle);   //タイトルを表示する
						MessageBox.Show(webView2.CoreWebView2.Source);  		//URLを表示する