サイトの構成を調べる

ブラウジングの方法

Webサイトをプログラムで操作する為に、まずは操作したいサイトのHTMLを解析します。 例えばプログラムで検索を行うには以下のような順でコードを組むことになります。
・検索欄のテキストボックスの要素の取得
・文字を入力
・検索ボタンの要素の取得
・検索ボタンを押す

サイトのHTMLを解析することで、どういったコードが必要かがわかります。


解析ツール

サイトの解析を行うツールは色々ありますが、ここではInternetExplorerにある「開発者ツール」を使います。
IEのツールメニューから、「開発者ツール」を選択します。F12キーでも良いです。

InternetExplorerの「開発者ツール」の使い方

すると画面下半分にツールが表示されます。

「開発者ツール」の表示

ここで使うのは「DOM Explorer」のタブです。
下のウィンドウには、HTMLをツリー表示してわかりやすくなったものが表示されています。
「DOM Explorer」


要素の調査

[要素の選択]機能を使う事で、画面をマウスでクリックしたところの要素のHTMLを調べることができます。

開発者ツールで[要素の選択]ボタンをクリックします。
要素の選択

そのままマウスカーソルを画面の調べたい要素に移動すると、枠で選択状態になるので、クリックします。
要素の選択

すると画面のDOMツリーが表示されている箇所に、選択した要素の情報が選択状態で表示されます。
要素の情報

これを見ながら、inputタグなのでinnerTextプロパティーで値を設定して、nameが[q]なのでgetElementsByName("q")(0)と指定して・・・
のように推測していきます。

同様に検索ボタンも調べます。
要素の情報

要素の情報

getElementsByName("btnK")(0)と指定して、clickメソッドでクリックします。