WebBrowserコントロールの使用方法(VisualStudio編)

VisualStudioでWebBrowserコントロールを使用する方法について

フォームへの貼り付け

ツールボックスからWebBrowserコントロールを選択し、フォームに貼り付けます。
WebBrowserコントロール

初期配置は全面表示になっているので、Dockプロパティを任意で変更します。
WebBrowserコントロール

以下のプログラムを実行すれば、WebBrowser内にページが表示されます。

サンプルプログラム

						Public Class Form1

							Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load

								WebBrowser1.ScriptErrorsSuppressed = True	'スクリプトエラーを表示しない
						
							End Sub
				
							Private Sub btnNavigate_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles btnNavigate.Click

								WebBrowser1.Navigate("https://web.biz-prog.net/test/testpage.html")
						
							End Sub

						End Class
					
						public partial class Form1 : Form
						{
							public Form1()
							{
								InitializeComponent();
							}

							private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
							{
								webBrowser1.ScriptErrorsSuppressed = true;	//スクリプトエラーを表示しない
							}

							private void btnNavigate_Click(object sender, EventArgs e)
							{
								webBrowser1.Navigate("https://web.biz-prog.net/test/testpage.html");
							}
						}
					

WebBrowserコントロールの使用について解説


上記のサンプルプログラムを解説します。

WebBrowser1.ScriptErrorsSuppressed = True
WebBrowserコントロールは、後述する設定を行わないとInternetExplorerのバージョン7として動作します。
すると画面の表示崩れやスクリプトエラーが頻発します。
スクリプトエラーは「ScriptErrorsSuppressed」プロパティをTrueにすると表示されませんので、これを設定しておきます。

WebBrowser1.Navigate("https://web.biz-prog.net/test/testpage.html")
にて、指定したURLをWebBrowserで表示します。

レンダリングモードをInternetExplorer11に変更する

WebBrowserコントロールは、InternetExplorer11がインストールされていてもInternetExplorer7のレンダリングモードで動作しており、 サイトを表示した際にレイアウトが崩れたりスクリプトエラーが頻発する場合があります。

InternetExplorer11として動作させる設定がありますので、こちらを参考に設定してください。
レンダリングモードをInternetExplorer11に変更する

参考