WebBrowserコントロールの使用方法(VBA編)

Excel VBAでWebBrowserコントロールを使用する方法について

VBA(Visual Basic for Applications)でWebBrowserコントロールを操作するためには、 ツールボックスに表示されるよう設定を行い、ユーザーフォームに張り付けて、 操作するプログラムを記述します。

WebBrowserコントロール使用の準備

ユーザーフォームへの貼り付け

VisualBasicEditorを開き、ユーザーフォームを作成します。
※古いバージョンのExcelだとシート上にもWebBrowserコントロールを貼り付けられますが、新しいバージョンのExcelではシート上には貼り付けできません(エラーとなる) Excel VBAでユーザーフォームを作成する

ここにWebBrowserコントロールを貼り付けるのですが、デフォルトではツールボックスに表示されていません。
Excel VBAのツールボックス

ツールボックスの空白エリアで「右クリック」→「その他のコントロール」をクリックします。
Excel VBAでツールボックスに追加する

「コントロールの追加」画面が表示されるので、「Microsoft Web Browser」にチェックをつけてOKを押します。
Excel VBAでツールボックスにWebBrowserを追加する

これでツールボックスにWebBrowserコントロールが出現します。
Excel VBAでツールボックスにWebBrowserを追加する

あとはユーザフォームにボタンとWebBrowserコントロールを貼り付け、以下のプログラムを実行すれば、WebBrowser内にページが表示されます。 Excel VBAでWebBrowserを表示する

サンプルプログラム

						Private Sub Navigate_Click()
							WebBrowser1.Silent = True   'スクリプトエラーを抑止
							WebBrowser1.Navigate ("https://web.biz-prog.net/index.html")
						End Sub
					

WebBrowserコントロールの使用について解説


上記のサンプルプログラムを解説します。

WebBrowser1.Silent = True
WebBrowserコントロールはInternetExplorerのバージョン7として動作しています。
ですので、画面の表示崩れやスクリプトエラーが頻発します。
スクリプトエラーは「Silent」プロパティをTrueにすると表示されませんので、これを設定しておきます。

WebBrowser1.Navigate ("https://web.biz-prog.net/index.html")
にて、指定したURLをWebBrowserで表示します。

参考