ブラウザの特殊な操作 WebView2コントロール使用時

キャッシュの保存フォルダを指定する

WebView2コントロールが使用するキャッシュの保存フォルダを指定します。

CoreWebView2Environment.CreateAsyncメソッドの第二引数にユーザフォルダを指定して環境設定用のオブジェクトを作成して、 CoreWebView2Environmentにより設定します。
Source/Navigateでページを表示する前に行ってください。

サンプル

						後日作成
					
						public partial class Cache : Form
						{
							public Cache()
							{
								InitializeComponent();
							}
					
							private void Cashe_Load(object sender, EventArgs e)
							{
								InitializeAsync();
							}
					
							private async void InitializeAsync()
							{
								var cacheFolderPath = System.IO.Path.Combine(System.IO.Path.GetTempPath(), "webview2cache");
								var webView2Environment = await Microsoft.Web.WebView2.Core.CoreWebView2Environment.CreateAsync(null, cacheFolderPath);
								await webView2.EnsureCoreWebView2Async(webView2Environment);
							}
					
							private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
							{
								if (webView2.CoreWebView2 == null)
								{
									MessageBox.Show("err");
									return;
								}
					
								webView2.CoreWebView2.Navigate("https://web.biz-prog.net/test/testpage.html");
							}
						}
					

参考