Seleniumによるブラウザーの自動操作

Seleniumについて

Seleniumは、ブラウザーを自動操作するためのツールとライブラリ群です。

元々はWebアプリケーションの動作テストの自動化を目的として作成されたものですが、 ブラウザーの自動操作として使うことができます。
Seleniumには、「Selenium IDE」と「Selenium WebDriver」があります。

Selenium IDE

「Selenium IDE」は、ブラウザの操作内容の記録して、それを再生実行できます。
Chrome/FireFoxブラウザの拡張機能(アドオン)として提供されてますので、この2ブラウザのみ対応しています。

「Selenium IDE」の使用方法については「Selenium IDEの準備」で解説します。

Selenium WebDriver

「Selenium WebDriver」はプログラムでブラウザを操作できるようにするAPI群です。
「Selenium WebDriver」では以下のブラウザを操作できます。
  • Chrome
  • FireFox
  • Edge
  • Internet Explorer
  • Opera
  • Safari
「Selenium WebDriver」は以下のプログラム言語で開発できます。
  • C#
  • VB.NET
  • Java
  • Phthon
  • Ruby
  • JavaScript
  • Kotlin

「Selenium WebDriver」の使用方法については「Selenium WebDriverの準備」で解説します。